40代・50代・60代・70代の友達作り・趣味探し・交流サイト

文字の大きさを変える
投稿者
ふろーる さんの日記
アクセス数: 161368 



カテゴリー
月表示
交流しよう
PR2
TOP  >  ハピブロ(日記・blog)  >  ふろーる  >  未分類  >  後30分 2018/3/11過去Blog

ふろーる さんの日記

 
2020
3月 17
(火)
09:53
後30分 2018/3/11過去Blog
本文
もう後30分ほどであの日のあの時間がやって来ます。
岩手は被災地です。
揺れもとてつもなく大きくて初めての体験でした。
昔々、昭和の頃に十勝沖地震で震度5の時は 小学校の講堂で全校集会の真っ只中で
骨組みだけの講堂の天井が大きく揺れるのを見て怖かった。
パニックになった小学生たちが先生の制止も聞かずに走り出し
ドン臭い私は後ろから押されて倒れ、足を思い切り踏まれた。
地震が治まり再び講堂に集合した時
壇上の教頭先生が、踏まれた私がすすり泣くのを見て
我先にと友達を踏んでまで逃げるとは何事だと叱ってた。

3.11の時は自室の障子がぐにゃりと歪んで見えた。
つけてたPCは揺れている間、必死にCRTを押さえているうちに電源が切れた。
本が雪崩のように落ちて表紙もページも折れ曲がって見る影もなくなった。
ああ、もう元の綺麗な装丁じゃなくなった、なんて心の隅では怯えながらもそっちにも考えが及んでしまった。

停電で暖房が使えなくなり、寒くなって来た。
とりあえず、外はどうなっているのかと出てみると雪が降ってきた。
ああ、ますます寒くなると思った。
近くの交差点の信号機はついていない。
コンビニも電気は消えているが、何か必要なものを買って帰ろうとおもったら
レジ前は長蛇の列。棚の品物も空。
電卓を使い、ペンで伝票に書き込みながら客を捌く総出のスタッフ。
買えるものは煮て食べるインスタントラーメンとか、ティッシュとかしかなく、すぐに必要なものは既になかったのが揺れてから1時間後の話。
真っ暗くなったホームセンターはラジオが完売。
帰宅途中、消えた信号機の交差点には巡査が立って手信号で車を誘導し始めていた。

帰宅して母に話すとTVがつかないから
地震の情報も判らないし、他がどうなってるかも判らないというので
はっと気付いた私が、車のエンジンをかければラジオは聴けると教えた。
母はラジオを聴いてきて、どうやら沿岸部の津波が酷い事になっているらしいと。

震度5の地震では普段、沿岸部の津波は1m程度だったから
それでもさほどでは無いだろうと思っていた。
3日間、それから他の被災地の情報は入らないから、父方の親戚の消息も解らないでいた。

それよりも目下の問題は電気炊飯器が使えない事
ヒータータイプの石油ストーブが使えない事 夜に電気がつかないこと。
既に夕暮れ時で、文字が読める明るさではなくなった、揺れから2時間後。
何度も来る揺り返しの大きさに怯えながら 仏間からローソクを3本、自室に持って行った。

そして知ったのは、昔の人がローソクで勉強したというのがどれだけ目を酷使したのかということ。
1本のローソクの明かりだけでは読書も出来なかった。
音楽も聴けない、シーンとした暗い部屋で
ストーブもなしで布団の中で暖を取るしかなかった。

母が物置から、古い反射式ストーブを出してきた。
断舎利下手な母に古いものは捨てた方がいいと進言してきたが、このときだけは助かった。
そしてまだ辛うじて生きているガスを使い、鍋でご飯を炊いた。
電子レンジも使えないので、翌朝は残りご飯でおじや。

そして、バスタブに水は溜め込んでおいたけれど
とうとう翌日の夜には水道が止まった。
WCはこれからバスタブの水をバケツにとり 自力で流すしかなくなったが
丸一日、母、私、弟で使うWCは翌々日に限界が来た。
どーすんの、これwww

三日目の夜、窓の外は真っ暗だったが、ふと気付くと遠くに明かりが見える。
NTTの支社の明かりだ!
そして当時使っていたPHSが復旧して
隣町に住むmixi友達が連絡してきた。

何もすることがないので、二人でとりとめなく話をしているうち
友達の近所は通りの向こうまで明かりがついたと言う。
もう少しだね、などと10分ほど話をしていた時に
「ブンッ」という音がしてPCが起動して、部屋の蛍光灯が瞬いた。
19時頃だったろうか。
お互いに携帯で万歳を唱和して、また普通の生活に戻っていった。
WCの問題も解決!←一番先に思ったのがこれw

そして暖を取れる幸せに浸り
PCがすっかり立ち上がり、自動でskypeが立ち上がった途端
けたたましくskypeが呼び出し音を鳴らし
ネットの友人たちのグループ会話から呼ばれた。
ヘッドセットをつけて対応すると
口々に関西や九州、東京方面からいたわりの言葉を頂戴し
随分心配かけたのだと知った。
津波は大丈夫と口々に云われ、ここは内陸だから大丈夫と何度も返答した。
それが何故そこまでだったのかは
階下に下りて茶の間のTVを観てからだった。
始めて知った、沿岸部の壮絶な状況。

◆三陸の山田町
16歳の頃、親戚のところに泊りがけで海水浴に行ったっけ。
◆三陸の浪板海岸。
小3の頃に始めて海に行った場所。
◆釜石の砂利だらけの海岸。
中3の頃行った、母の知人に招待された海水浴。採れたてのウニはつめたいおにぎりに載せて食べると美味しいと知った場所。
◆父が素もぐりを見せてくれた浄土ヶ浜
遠浅の浜を歩くと海生生物が沢山居てイソギンチャクを踏んでしまったっけ。
磯溜りにはウニやカニ、イソギンチャクが沢山海草の間から見えて美しさに見とれた場所。
◆宮城県三陸町
丁度その4ヶ月前にネット友人から誘われて 今避難所になっているあの体育館にコンサートを観に行ったばかりだ。

全てすべて見る影もなかった。
浄土ヶ浜は地形が全く変わってしまい
思い出が消えてしまったようにさえ思えた。

内陸部なので私のところはそれでも随分幸運だったんだな。
命がある。
この3日だけで200回以上余震があった。
震災から一週間は服を着たまま寝た。
また大きく揺れたら、すぐに寒空に逃げられるよう。
1年経過しても、2年経過しても、地震(余震)の度にすぐに目が覚めた。
本能がONになってしまっているんだろう。
どんなに日常に戻っても、これだけは戻っていないのだ。
今、7年を経過してやっと地震に対して
この揺れなら大丈夫と理性的に判断が出来るように戻った。

沢山の情報から遮断された後
怒涛のような情報に埋もれて知らないでいたけれど
日本女性と事実婚状態だったキース・エマーソンが
すぐさま追悼の曲を作ってくれていた。
そんな事も知ったのは、2年後だった。



亡くなられた方の中には、私の遠い親戚も要るだろうと思う。
父は早くに母と別れ、別の家庭を持っているので、かつて一緒に遊んだ従兄弟たちとも交流が途絶え、それより遠い親戚となると皆目解らない。
沖縄には「命ど宝」(ぬちどたから)という言葉があるけれど、沖縄戦と比ぶべくもないけれど、それでも本当にこの言葉の通りなのだろうと思う。
亡くなられた皆様のご冥福を祈念するとともに
命繋がった皆様が幸せでありますように
と願わずにはいられない。
閲覧(974)
カテゴリー
投稿者 スレッド
ふろーる
投稿日時: 2018/3/12 17:40  更新日時: 2018/3/12 17:43
プラチナ
登録日: 2017/6/15
居住地: 日高見川流域
: 女性
投稿数: 2024
 RE: 後30分
さとりさん、(。・ω・)ノ゙ コンニチハ♪

さとりさん一族は皆さんとても幸運でしたね。
遭わずに済めばそれに越した事がないものですもの。
本当の苦しみ・・・
う~ん、確かに私は子供を産む苦しみは知りませんが
病気では相当の痛みを経験しています。
類推するだけでも人の心に寄り添えていると思いますし
心配されるだけでも嬉しいと思う人は大勢いますとも。

ある意味、して貰った事に文句を言う方が人格を疑う行いではないかと思います。
まさしく、衣食足りて礼節を知る、なのでしょう。
失ってしまったものには家や家族だけではなく、心の余裕もあるのですね。

>千羽鶴なんてゴミになるだけ。
>歌を唄ってもらったところでお腹は膨れない。

確かにその通りですが、して貰った事に対してそれはないとも思ってしまうのは、まだ私が家を失わなかったからだけでしょうか。
被災した人にも、しなかった人にも、遠くに居る人にも育ちというものがついて回るのだと思います。

仏教に
「一滴も天地の恵み、一粒(いちりゅう)も労苦の賜物 不足に思えば恩に背き、粗末に思えば徳を失う」とあります
その通りなのだと思います。

さとりさん、充分にして下さっていると思います。
お気持ちとても有り難いです。

今日も朝は氷点下でした。これから夜もです。
あの日と一緒です。この時間、何処の家も
しんとして、物音一つしない住宅街でした。
私はもう、寒くて布団の中で暖を取りました。
今は炬燵でぬくぬくしていられて幸せです。

合掌
さとり
投稿日時: 2018/3/12 12:59  更新日時: 2018/3/12 12:59
プラチナ
登録日: 2015/12/11
居住地: 京都府
: 女性
投稿数: 540
 RE: 後30分
ふろーるさん こんにちは♪

私には どの震災でも実際に被災した身近な者はおりません。
なので、どんなに思いを馳せようと 本当の苦しみ、悲しみ、怒りはわからないんだと思います。
千羽鶴なんてゴミになるだけ。
歌を唄ってもらったところでお腹は膨れない。
・・そんな声も聞きました。
重い言葉…
・・綺麗事ではいられないのだと思いました。
手の差し伸べ方、心への寄り添い方も 求める人によって違うのだろうと思います。


昨日は奈良 東大寺二月堂のお水取りに行ってきました。
防寒対策はして行ったものの、あの寒さ。。
東北とは比べものにならないだろうと、また思いを馳せます。

ただただ 鎮魂と復興、世の幸せをお祈りしてきました。
ふろーる
投稿日時: 2018/3/12 1:25  更新日時: 2018/3/12 1:25
プラチナ
登録日: 2017/6/15
居住地: 日高見川流域
: 女性
投稿数: 2024
 RE: 後30分
orakoさん、(。・ω・)ノ゛~コンバンワ☆

まだ起きてましたよ~。

今でも夢に見ることもあります。
TVで改めて観る沿岸部の光景には涙がこみ上げてしまいますね。
お嬢さんはフランス留学していらしたんですか。
欧米はボランティアが日本より先んじていますね。
いつも即行動される事には感動を覚えます。
それなのに、モラルが素晴しいと日本を絶賛とか
とても謙虚な国民性ですね。

悲しい事に避難地区の家々などは
随分火事場泥棒も出たと聞いています。

実は震災後に、姜 尚中氏の「心」という小説を読みました。
登場人物の青年が被災地にボランティアに行くのですが
行方不明者捜索ボランティアで
毎日海に潜っては、海草や岩場に引っかかっている遺体を引き上げる作業をするんです。

無残な仏様を引き上げて食事が出来なくなり
潜れなくなり、そこを乗り越えると
待っている人の為にと奮い立って捜索が出来るようになり
という過酷な作業をして来た青年の様子が詳細に語られます。
姜氏が事前にそういうフィールドワークをされたのでしょう。

ボランティアが何をしているのか知りませんでしたが、そんな思いをしてまで必死に捜索して下さる無償の行為がある事に感謝の念が改めて湧きます。

そしてまだまだ行方不明者が大勢いて
家族は帰りをずっとずっと待ち続けています。
尊い自己犠牲の元で家族のもとに帰る事が出来るボランティアのありがたさを始めて知りました。

きっとまだまだ知らない事も沢山あるのだろうと
思っています。

合掌
orako
投稿日時: 2018/3/12 0:13  更新日時: 2018/3/12 0:18
プラチナ
登録日: 2017/1/17
居住地: 岡山県
: 女性
投稿数: 2284
 RE: 後30分
ふろ~るさん   こんばんは
遅くにごめんなさい。
ふろ~るさんのブログ、リアルに昨日の事を伝えるように書かれていて、それだけ忘れられない体験をされたんだと、一文字一文字真摯に読ませていただきました。

なじみのある場所が津波で大変なことになっていると知った時のお気持ち、いかばかりかと思います。 本当に悪夢のような日々でしたね。
私たちは遠くから、テレビ中継を毎日食い入るように見て涙するしかありませんでした。
当時、フランスに留学中の娘は、友人たちとチャリティーコンサートを開き、少しでも助けになればと頑張ったようです。フランスの方々も応援してくださり、こんな時でも被災地でありながら、日本人のモラルは素晴らしいと絶賛されたと言います。
世界中が祈りに包まれていました。

今日は(もう昨日)、岡山でも各宗教団体が一堂に会し、合同慰霊祭が行われました。
亡くなった方々、今も苦しんでおられる方々を想い、私たちは聖歌を歌ってきました。
心からの祈りの心は、今もずっと続いています。
忘れることはできないと思いますが、被災された方々が少しでも癒されますように。

このブログ、ありがとうございました。
ふろーる
投稿日時: 2018/3/11 21:26  更新日時: 2018/3/11 21:26
プラチナ
登録日: 2017/6/15
居住地: 日高見川流域
: 女性
投稿数: 2024
 RE: 後30分
freescaleさん、(。・ω・)ノ゛~コンバンワ☆

インフラの倒壊、そうですね。
怖くて絶対にオール電化には出来ません。
あの時、オール電化の家は悲惨で
他の家のようにガスでお風呂も無理で
料理も一切出来ず、お湯さえ沸かせませんでした。

今、道路工事の季節ですけれど
出来るだけ電柱をなくし、地下埋設設備へと移行中です。
それによって、電柱倒壊によるインフラ断絶を防ぐようです。
次に引っ越す時は、市内中心部の川沿いがいいかと思っています。
そこは洞道(とうどう)といって
電力、NTTが合同で地下道を川の下に掘っていますが、内部がとても頑丈に作られているので、通信だけは何とかなるかも?
な気がするからですww
(勤務していた頃に見学までしたものでw)

デマゴギーには本当に振り回されました。
何が本当で何がでまかせか、本当に真偽を知る術もない新しい危険には対処のしようがありませんでした。

火事場泥棒みたいにそれで儲けたところもあるんだろうな、などと穿った見方をしてしまいますねw
何しろ当時は首相から酷かったですからね
はい、私も寝ぼけてあそこの党に投票してしまった一人なので、余り文句は言えませんが(; ̄ー ̄A

海外での報道は日本よりもずっと克明だったようですね。
私は未だに断片的にしか見られていませんが
それでも大自然の脅威に慄きました。
多分、私の父方の親戚も被災しているだろうと思いますが、もう今では連絡をする術がありません。
一時とはいえ、お世話になったのに。

合掌
ふろーる
投稿日時: 2018/3/11 21:09  更新日時: 2018/3/11 21:09
プラチナ
登録日: 2017/6/15
居住地: 日高見川流域
: 女性
投稿数: 2024
 RE: 後30分
優奈さん、こんばんは。初めまして。

優奈さんは福島とご縁がある方なのですね。
福島のウニ、大きくて美味しいですね。
三陸より大きいかもしれませんが
ウニの貝焼きは三陸と福島の名産ですよね。

思い出の懐かしい光景が失われて行くのは
とても心痛い思いをするものですね。
東京に避難されたご親戚は断腸の思いだったことでしょう。
私の知り合いも北海道に移住しましたが
故郷を去る裏切り者だと
自分を責め続けていました。

岩手のワカメやホヤの養殖も、やっとまた軌道に乗り、以前の価格に戻りつつあります。
サンマ、美味しかったですか?
出来れば、不漁になる前の大きなサンマを食べていただきたかったです~♪
今は中国や台湾が大量に捕獲してしまい
日本で獲れるものは、痩せて小さなものになりました。
30cmを越える長さで身幅も5cmくらいの厚みのサンマを是非、お刺身で!(*^0^)/

閲覧有難うございました。

合掌
ふろーる
投稿日時: 2018/3/11 20:20  更新日時: 2018/3/11 20:20
プラチナ
登録日: 2017/6/15
居住地: 日高見川流域
: 女性
投稿数: 2024
 RE: 後30分
グリィーンさん、初めまして。

毎年この時期はTVも一斉に特集を組むので
遺族や当時の被害の様子を見ては
胸が締め付けられるようです。

介護付きの有料老人ホームにお勤めだったのですね。
ということは介護士さんでしょうか?
私は小学生の頃、共働きの両親に代わり
寝たきりの祖母の日中のWCの世話をしたので
大変さを身にしみて小さい頃より知っています。

下校してから冬は凍えた手を温める間もなく
寝床用便器の用意。
手がかじかんで言う事利かないのに洗って消毒。
一年もやらぬうちに祖母は帰らぬ人になったけど
もっと丁寧にしてあげてればと後悔ばかりです。
それを代わって優しくお世話して下さる。
とても感謝したくなります。

今はもうお仕事は別の事をしておいでなのでしょうか?
大変なお仕事をされてらした分
お体労って下さいね。
コメント有難うございます。

合掌
ふろーる
投稿日時: 2018/3/11 20:12  更新日時: 2018/3/11 20:12
プラチナ
登録日: 2017/6/15
居住地: 日高見川流域
: 女性
投稿数: 2024
 RE: 後30分
ボス!(。・ω・)ノ゛~コンバンワ☆

茨城も被災地でしたよね。
しかも、福島の隣で海辺に面していて・・・。
茨城の津波はどんなだったんでしょうか。
メディアでは青森から宮城の亘理町までの被害と
富岡の原発とばかりが報道され続けていましたが
実は報道の裏で、悲惨な思いをしている人達は
沢山存在していたのだろうと推察します。

福島に隣接していると
風評被害も大きかったのではないですか?
しきりにあの頃はヨードがどうたら話していましたし、甲状腺疾患の人はどうすんの?って思ってしまいました。

三陸町にはアニソンのコンサートに行きました(照
堀江美都子と水木一郎を楽しんで
壇上に上がった観客の男の子がいました。
あの子は大丈夫だっただろうかと思ったら
一緒に行った仲間から、彼は元気だと情報を貰いました。
もしも彼が被害に遭っていたとしたら
直接の関りがなくても、コンサート自体も非常に後味が悪いものに変化していたと思います。

それにしても一関ですか。
ちょっとだけ岩手に足跡を残したんですねw
次回はもう少し北へ直進下さいませww
ヘタレな私はまだ沿岸部まで訪れる事が出来ないで居ます。

合掌
blueee
投稿日時: 2018/3/11 19:28  更新日時: 2018/3/11 19:29
プラチナ
登録日: 2017/2/1
居住地: 茨城県
: 男性
投稿数: 1207
 RE: 後30分
こんばんは。

揺れたよね~。一応茨城も被災県でして、このあたりは震度6弱でした。でも我が家もけっこう被害受けて、電気は1週間?水は2週間?くらいダメだったように記憶しています。

道路もあちこち陥没してまともに走れないところもあったし、この団地でも鉄骨の新築なのにダメになって建て替えというところもありましたよ。

翌年の7月には気仙沼老人ホームへ慰問の演奏へ行きましたが、あの三陸町の防災棟の横も通って海岸沿いを自分の車で運転して行きました。

現地を通過しただけですが、想像を絶するような威圧感のような、得体のしれない感覚に襲われました。帰りは気仙沼から一関へ抜けて高速に乗りました。

本当に今日は、合掌の一日でした。
ふろーる
投稿日時: 2018/3/11 17:42  更新日時: 2018/3/11 17:43
プラチナ
登録日: 2017/6/15
居住地: 日高見川流域
: 女性
投稿数: 2024
 RE: 後30分
まのさん、( *・ω・)ノコンチャ

阪神大震災の頃、私は東京に居ました。
そして早朝にも関らず、起きてズボンを穿こうと
片足立ちでズボンに足を通していたら
ものすごくグラッと来ました。
どうやら少しは揺れたらしいんだけど
それどころじゃない位、私はよろけてしまいましたw
そうか、あれは波動だったのかぁ!

3.11の混乱については
あの時は本当に陸の孤島という表現が正にぴったり
未だにあの時、震度幾つだったのかも知りませんw
ググれば判るんだろうけどね、見てません。

あの頃の風評被害は酷いもので
岩手も汚染されているとか、土地の作物も危険とか
随分とデマと真実が交じり合い振りまかれ
市に買い物に出かけるとヨード入りの食塩を売る
怪しいおっさんがいたりして
住民は翻弄されました。

福島の皆さんが一番悔しい思いをしている事と思います。
マイミクさんも3人被害に遭い、二人が福島の富岡町
一人は北海道へ疎開しました。
もう一人はずっと仮設住宅暮らしです。
もう一人は宮城県の人で、震災で実家とお父さんが流されました。

音楽趣味の友人でしたが、レアなアルバムや音源が全てダメになったそうです。

私、実家にヒビが入ったし
私自身も鼻梁に打撲を作ったけれど
それだけで済んでラッキーでした。

合掌
ふろーる
投稿日時: 2018/3/11 17:31  更新日時: 2018/3/11 17:31
プラチナ
登録日: 2017/6/15
居住地: 日高見川流域
: 女性
投稿数: 2024
 RE: 後30分
ソレちゃん、( *・ω・)ノコンチャ

朝から祈ってたとは、優しさに涙(´;ω;`)

この数日頭の中でぐるぐるしています。
色々想像してしまいます。
波にさらわれもがいているところ
流されてきた家の柱や家具が直撃したのだろうかとか
助かった人はそれを避けられたのだろうかとか
雑多なものに紛れて渦巻く波に揉まれて
止めていた息を吐き出してしまったのだろうか
とかとか、どれだけ苦しんだか想像が止まらないw

ソレちゃんところも阪神大震災を経験したでしょうから、身近に不幸があったかもしれない。
うちは実家は壁があちこちヒビが入りました。
貫入なら味わい深いのにねぇww

合掌
ふろーる
投稿日時: 2018/3/11 17:24  更新日時: 2018/3/11 17:24
プラチナ
登録日: 2017/6/15
居住地: 日高見川流域
: 女性
投稿数: 2024
 RE: 後30分
けろよん♂さん、(。・ω・)ノ゙ コンニチハ♪

スーパーで黙祷があったんですか!
なんてありがたい・・・・。
こちらでも外に出てみると黙祷している人は見当たらず
忘れたかのように過しています。
でもそれでいいんでしょう。何事もない日常。
誰もが欲しい物です。

こちらではあれから半年は物資が揃わず
買いたくても買えないものだらけで
何が買えなかったかな、なんて考え込みますが
確か、何か、を求めて4km先のスーパーまで遠征した記憶があります。
結果買えなかったんです。

そんな中、東京の友人から支援物資を送って貰い
とっても有り難かったです。
東京も帰宅難民だらけだったようで
けろよん♂さんは被害に遭わなかったでしょうか?
無事に暮らしているだけで儲けものなんですよね。

合掌
ふろーる
投稿日時: 2018/3/11 17:19  更新日時: 2018/3/11 17:19
プラチナ
登録日: 2017/6/15
居住地: 日高見川流域
: 女性
投稿数: 2024
 RE: 後30分
ポーカーフェイスさん、(。・ω・)ノ゙ コンニチハ♪

そういえば九州も熊本が一昨年に大地震がありました。
ポーカーフェイスさんところも揺れたのでしょうね。

地震のお陰で知識が増えました。
余震は地下でズレたプレートが、繰り返し繰り返し
徐々に元に戻るそうで、必然なんだそうです。
何年もかかるのだそうです。
つまり、今日の今まで起きている地震は全て
震災時の余震ともいえます。

揺れると Σ(゚д゚lll)ハッ
グラグラでΣ (゚Д゚;)オッ
グラグラユラユラで( ̄□ ̄;)オロオロッ''((; ̄□ ̄)
な一ヶ月を過し、翌年引越しをし
もう治まって普通の暮らしをしていたのに
スーパーで買い物中に、今度は大きな屋内が揺れるのを見ました。
そのときも震度6弱。
棚という棚から商品が雪崩落ち、私は近くの生肉売り場の柱に捕まって歩けずにいたところ
男性の店員が走って助けに来てくれて
手を引いて出口へ導いてくれました。
(にひひ、役得役得、ドラマみたい~♪)

揺れる度に目覚める身体
本当に人間も動物だって痛感しました。
今日はこちらのTVはあちこち特集しています。

合掌
ふろーる
投稿日時: 2018/3/11 17:04  更新日時: 2018/3/11 17:04
プラチナ
登録日: 2017/6/15
居住地: 日高見川流域
: 女性
投稿数: 2024
 RE: 後30分
きぼうの星さん、(。・ω・)ノ゙ コンニチハ♪

きぼうの星さんのコメントに書かなかった事も思い出しながら記述してみました。
これを書き終えてから散歩がてらに壊れたマウスを買いに
徒歩で往復5kmを祈りながら歩いて来ました。
全くの日常で、家電ショップでは新生活の為に炊飯器を物色する人、マッサージ機の効能を試す人が沢山。

雲雀もカタツムリもいないけれど
世は全て事もなし。

辛い記憶はありませんから心配しないで下さいね(๑◕‿◕๑)
顔を強打した痛い記憶はあるけれどww

合掌
まの
投稿日時: 2018/3/11 17:04  更新日時: 2018/3/11 17:04
プラチナ
登録日: 2015/1/6
居住地: 京都府
: 女性
投稿数: 4070
 RE: 後30分
ふろーるさん、こんにちは

ふろーるさんの東日本大震災のご体験を読んでたら、阪神大震災を思い出しました。見慣れた街、思い出の場所、生活に根ざした地域がぐちゃぐちゃになってしまった驚き、悲しみ、見ているだけで涙が出てきました。

東日本大震災のときは今の職場で、パソコンに囲まれて仕事をしてました。座っていたのに不意にめまいがして、頭の中がグラグラ揺れました。

あれ?って周りを見回しても、みな普通に執務状態で、私がおかしいと思いましたが、すぐに地震速報がネットに流れ、東北の地震の波動が、電磁波が京都までくるって、相当大きな地震やと思いました。

神戸のときも、朝5時半に揺れて、家がギシギシガタガタいいましたが、震源地神戸といいながら、神戸の震度だけがお昼過ぎまで報道されませんでした。渦中の地域はインフラがダウンして、報道どころではないんですね。

被災だけでも大変なご体験やのに、原発の事故まで加わり、東北電力の女川原発と、東京電力の福島原発とよく比較されてますが、東北の方にとっては悔しいことなんでしょうね。

お亡くなりになられた方々のご冥福と、遺された方々に黙祷を捧げたいと思います。
けろよん♂
投稿日時: 2018/3/11 15:52  更新日時: 2018/3/11 15:52
プラチナ
登録日: 2018/3/9
居住地: 東京都
: 男性
投稿数: 201
 RE: 後30分
ふろーるさん、こんにちはー

さっきまでスーパーで買い物してたんだけど
店内放送で何か言ってるなぁと思ったら
震災のための黙祷、の放送でした
その放送していた男性の声がよく聞き取れず、どの客も無反応だったのが残念でした…
どうせならもっとハッキリ放送すればよかったのにね…
震災の日は東京でも交通機関が止まって、僕は息子と娘、その当時はまだ妻もいたから
それぞれ3人と落ち合うためにずっと歩き回ってたこが忘れられないな
( ;´Д`)
もちろん、ふろーるさんのエリアは東京の人間には想像つかないそれ以上のことがあっただろうから、どれだけ大変な思いをしたんだろう、って思う。。
ポーカーフェイス
投稿日時: 2018/3/11 14:47  更新日時: 2018/3/11 14:47
プラチナ
登録日: 2015/3/8
居住地: 九州男児
: 男性
投稿数: 2513
 RE: 後30分
ふろーるさん

こんにちは!
ふろーるさんの経験談、想像しながら読ませて頂きました。
私は以前の職場にいた頃の出来事、職場が大学でしたから、
義援金の募金等は日本全国どこでもあったんですけど、実際
に体験しなければわからないですね、必要物資は。
岩手県はアメリカ海兵隊が42時間後に支援に駆けつけた場所とNHKの番組で最近知りました。
空母ロナルドレーガンが急きょ韓国から日本に進路を変えて救援に駆けつけたと。
テレビ、ネットでしか知り得ない情報、生存者の声、行方不明者の人数に驚愕し、あの海岸に押し寄せる津波の威力、そして原発爆発、こちらには福島から避難してきている人達もまだいます。
200回の余震を経験されたら体が記憶してて、眠れるはず無いですね。
災害の怖さ、深さを改めて感じました。
きぼうの星
投稿日時: 2018/3/11 14:43  更新日時: 2018/3/11 14:43
プラチナ
登録日: 2015/12/7
居住地: 長野県
: 女性
投稿数: 4291
 RE: 後30分
ふろーるさん こんにちは〜

私への貴重なコメントに感謝してます!
皆様の「あの時わたしは」皆さんの記憶がここで再び蘇り、貴重な思い出をありがとうございます
思い出したくないこともあったでしょうが・・
ごめんなさいね・・

刻一刻と時間が迫っております!

わたしも此処でしばらく休憩、、
冥福を祈らせていただきます 合掌

コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
おすすめ情報
あなたのページへログイン
ユーザー名:

パスワード:
SSL  | パスワード紛失  | 新規登録
新規登録メンバー
薔薇のオルゴール 男性 北海道
kzipoe 男性 群馬県
都市伝説 千葉

ヤッホー♡
女性 北海道
クロスワン 男性 兵庫県
tararan 女性 滋賀県
ヒデケン 男性 兵庫
ユリ13 女性 埼玉
楓2020 女性 関西
りゅうし 男性 広島県


PRコーナー
ハピスロ世代について このサイトの使い方 | メンバー登録 | 困ったときは | 事務局からのお知らせ | ご利用規約 | プライバシーポリシー | 会社概要 | 広告掲載に関して | お問い合わせ | リンク集
メンバーコンテンツ メンバー検索 | なかよし広場(コミュニティ) | ハピスロ日記(ブログ)写真投稿コーナー出会いの広場交流掲示板異世代交流サロン体のお悩み掲示板
お楽しみ情報 イベントカレンダーあれこれ気になる調査隊オススメ穴場スポット素敵にアンチエイジング歌声フォークソング懐かしの歌声ホール
趣味の情報 街歩き | 山歩き | ウォーキング・ジョギング | レシピ | グルメスポット | DIY/日曜大工 | 手芸 | 陶芸 | ダンス | 歌・カラオケ | 楽器
運営: アトムブラザーズ音楽出版株式会社 © 2012