40代・50代・60代・70代の友達作り・趣味探し・交流サイト

文字の大きさを変える
投稿者
デイドリーム さんの日記
アクセス数: 358608 



カテゴリー
月表示
交流しよう
PR2
TOP  >  ハピブロ(日記・blog)  >  デイドリーム  >  海外生活  >  イギリスのお年寄りたちの生き方、そして最期 2年前の日記

デイドリーム さんの日記

 
2019
6月 19
(水)
00:55
イギリスのお年寄りたちの生き方、そして最期 2年前の日記
本文
この1週間の間に、私の廻りに住んでいるお年寄りたちが、亡くなったり、ホームに行ったりした。

3、4日ほど前、隣の2階に住んでいたお爺さんが亡くなったと、娘さんが挨拶に来られた。
お爺さんは、95歳だったそうだ。

最期の最期まで、家で、一人で、頑張って暮らしていた。
でも、それも、娘さん夫婦や、孫たちが、近所に住んでいて、時折、様子を見に来たり、買い物をしてあげてたり
、家族に恵まれていたからである。

お爺さんは、昔、ヨットが好きだったそうで、今もまだ、納屋の横に、カバーを被せられたボートが横たわっている。そして、つい、3、4年前までは、自分で運転して、日曜日には、教会に通っていた。
耳が遠い人だったので、何か話しても、聞こえないので、「こんにちは。」と笑顔で、挨拶し合う程度だった。

このお爺さんは、幸せな方だった。
最期の最期まで、住み慣れた自分の家で過ごせて、亡くなる日は、病院に連れていかれて、すぐに息を引き取ったそうだ。
それでも、挨拶に来られた娘さんは、涙ぐんでおられたので、私も、しっかり手を握って、「お父さんは、幸せでしたよ」と言って、慰めた。そう言いながら、何故か、私まで、もらい泣きしてしまった。
悲しいというより、彼女の心に少しでも寄り添ってあげたいと思ったからかもしれない。

それから、翌日のこと、今度は隣の階下のおばあさんが、ホームに行ったとの知らせがあった。
彼女は、2年ほど前まで、庭仕事を、夢中でやっていた。
いつも、季節の花々を美しく咲かせ、庭のコーディネイトが非常に上手な方だった。

その彼女が、急に外に出なくなり、庭も荒れ放題になってしまっていた。
今まで来ていた孫であろう男性も来なくなり、草花も枯れ果て、何とも淋しい風景になったものだと思っていた。

彼女も自立心の強い老人で、私が、「ゴミ出しのお手伝いをしますよ」と言っても、最後まで、「大丈夫よ。自分でやるから」と言ってた。
もう少し、廻りの人に甘えてもよかったんじゃないかな?という気がしないでもない。

そして、ボランティアの犬の散歩に行ってる飼い主のおばあさんは、今年、84歳、彼女も、2日前に行った時、
「お風呂場で転んで、腰を打った。起き上がれないの」と言って、私の顔を見ると、めそめそ泣いていた。

彼女は、恵まれた人で、息子さん3人がいるが、とても母親思いの息子さんたちで、先日も、ナローボートの旅に、このお母さんと犬を連れて、5泊の旅に連れて行ってたのだ。
日曜日には、息子たちのうちの誰かが来て、買い物に連れて行ったり、家の修理をしたり。

この町は、リタイアした人々の町、老人の町なので、私の廻りには、いろんなお年寄りたちがいる。

さて、自分の老後の事を考えると、かなり心配。
老人になって、孤独に耐えられるか?最期まで自立して生きて行けるか?

5月も後半になって、うちの家の庭も、いろんな花が咲き始めた。

鳥居の前のピンクの花は、クレメイタス、今年は、花をたくさんつけた。

庭の真ん中には、いつの間にやら、マーガレットの花が。。

そして、フェンスの垣根の前には、バラの花々が咲き乱れてる。
バラは手入れしなくても、どんどん増えて行く。石灰の土が合ってるせいだろう。

キツネのゴンキチは、今や飼い犬のように、リラックスして、餌を貰えるのを、待っている。

そして、ヨーキーのペニー、今年でボランティアを始めて、4年目になる。彼女も今年は、11歳になる。

クレメイタスの花

雑草とともに咲く
マーガレット

紅いバラが満開

リラックスしてる
ゴンキチ

今年11歳の
犬のペニー

閲覧(951)
カテゴリー
投稿者 スレッド
デイドリーム
投稿日時: 2017/6/3 16:45  更新日時: 2017/6/3 16:45
プラチナ
登録日: 2014/12/30
居住地: 海外
: 女性
投稿数: 4591
 RE: イギリスのお年寄りたちの生き方、そして最期
彩子さん

お久しぶりです!
5月の初めに連続投稿してしまってから、いろいろとありましたが、こうしていまだに、居座り続けております。

一時は、退会しようかと考えましたが、応援してくださる方々に、辞めないでと、説得していただき、こうして、またブログを書いております。

皆さんからいただけるコメント、本当に、勇気づけられるし、暖かい気持ちをいただけることに、感謝です!

4人の親を看取る覚悟が出来てる彩子さんは、すごいです!
私など、彩子さんの年齢の時は、親を看取ることなど、考える暇もありませんでした。
自分が生き延びることだけで、せいいっぱいで。。。
彩子
投稿日時: 2017/6/3 2:05  更新日時: 2017/6/3 2:05
プラチナ
登録日: 2014/1/3
居住地: 埼玉県
: 女性
投稿数: 5023
 RE: イギリスのお年寄りたちの生き方、そして最期
デイさん
少しご無沙汰しておりました。

素敵なデイさんのお写真とブログ。
嬉しいです^^
ゴンキチくんの顔も見れました。

人が亡くなると聞くと気分が塞いでしまいますね。
私は健在の4人の親を看取らなければならないので自分の寿命のことまでまだ思いが及ばないのですが、高齢者の孤独な最期は辛いです。
せめて家族に見守られる中で・・・と願います。
デイドリーム
投稿日時: 2017/6/2 1:43  更新日時: 2017/6/2 1:43
プラチナ
登録日: 2014/12/30
居住地: 海外
: 女性
投稿数: 4591
 RE: イギリスのお年寄りたちの生き方、そして最期
FreeScaleさん

再度のコメ有難うございます。

ニースに家?!
ワインが、3000本?!

そして、今度は、ワイナリーを相続?!

ヨーロッパの金持ちというのは、とんでもないお金持ちが多いですね?
そして、富のあるところには、どういうわけか、どんどん富が集まってくる!
貧富の差が、どんどん酷くなってくる世界ですね。

一方で、ブラック企業で働く日本の若者たちは、働けど、働けど、一向に暮らしが豊かにならない。

教育もしかり、お金がなければ、教育も受けれない、そして、大学も、就職も。。なんか、そんなこと考えると悲しいです。
デイドリーム
投稿日時: 2017/6/2 1:37  更新日時: 2017/6/2 1:37
プラチナ
登録日: 2014/12/30
居住地: 海外
: 女性
投稿数: 4591
 RE: イギリスのお年寄りたちの生き方、そして最期
九月さん

コメント有難うございます。

うちの母も、人には、なかなか遠慮して頼れないタイプでした。
最初の頃は、ヘルパーに家に入ってもらうのも、嫌がっていましたが、そのうち、ヘルパーさんと仲良くなったり、ヘルパーさんが来るのを楽しみにするようになりました。

お手伝いだけではなく、ちょっとした世間話をするだけで、年寄りというものは、気分が紛れて、ストレス解消になるようです。

人間、最後は、ひとり。
いつかは、一人になるのだから、何とかして孤独を乗り切れるような、そんな人間にならないと、と思っています。
年取ることには、いろんな覚悟が必要ですね。

男の子は、あてに出来ません。
うちがそうですから。。。

これからの時代は、友達や、近所の人と助け合えるような、そんな老後を考えて行かなければいけませんね?
デイドリーム
投稿日時: 2017/6/2 1:28  更新日時: 2017/6/2 1:31
プラチナ
登録日: 2014/12/30
居住地: 海外
: 女性
投稿数: 4591
 RE: イギリスのお年寄りたちの生き方、そして最期
仁さん

コメント有難うございます!

仁さん、老後は日本ですか?
可愛いお孫ちゃんにも会えるし、その方がいいに決まってますよね!そして、やはり、医療の事考えると、やはり、言葉の通じる日本でと思ってしまいます。
私などは、歯がよくないので、こちらで、歯科にかかると、恐ろしいほどの金額になるので、やはり、日本で暮らしたいと思っています。
でも、日本の夏は暑い!
それだけが、ちょっと、つらいですね。

でも、夏だけ、暫く北海道に行くとか、長野に行くとか、そんな暮らしが出来たら最高ですね?!

日本も老人が増えましたが、いつまでも、元気な老人がいて、社会に貢献してくれることは、良いことだと思います。

人口を増やさないとと、言うけど、人口が増え過ぎても、いろいろな問題は起きてくるものです。

年をとっても、何らかの形で、社会に役に立つ老人になりたいものですね?

黒い温泉?!って、どんなものでしょうね?
有馬温泉は、赤い温泉があります。
デイドリーム
投稿日時: 2017/6/1 16:28  更新日時: 2017/6/1 16:28
プラチナ
登録日: 2014/12/30
居住地: 海外
: 女性
投稿数: 4591
 RE: イギリスのお年寄りたちの生き方、そして最期
ポーカーさん

コメント有難うございました。

犬の秀イチくん、ヨーキーでありながら、きりりとした、男らしいお顔をしてますね?

ローカル新聞に、亡くなられた人の告知が出るのですか?
こちらは、そのようなことはないです。
大阪の実家でも見かけませんでした。

ただし、イギリスでは、100歳を迎えた人には、エリザベス女王から、直々のお手紙が届くそうです。
Queenからの手紙をもらうために、何としてでも、頑張って100歳まで、生きようとする人もいるそうですよ

先日、100歳を超えた老人がスカイダイビングをしたというのが、ニュースになっていました。
これは、もう、お年寄りと呼べませんね?
デイドリーム
投稿日時: 2017/6/1 16:21  更新日時: 2017/6/1 16:21
プラチナ
登録日: 2014/12/30
居住地: 海外
: 女性
投稿数: 4591
 RE: イギリスのお年寄りたちの生き方、そして最期
お蘭ちゃん

コメント有難うございます。

イギリスの空気、感じていただけましたか?
よかったです。
私も、自分の老後の事を考えるので、廻りのお年寄りたちの、生き方を、つい自分に重ね合わせてしまいます。

孤独に耐えること、そして、出来る限り自立して生きること、お年寄りを見ていて思うのは、本当に皆、強いなあと感心するのです。

家族しか頼る人がいないと、やはり、問題ありそうです。

日本は、まだ近所づきあいというのを、大切にするから、良いかなとも思ったり。
こちらは、近所の人のことには、一切、干渉しません。
私から見たら、ちょっと淋しい気がします。

近所の人たちでこそ、助け合ったり。
近くに友達がいれば、一番最高でしょうね?

動けなくなった時に、買い物を頼める人がいたり、電話してもらえるだけでも、心の支えになるというものです。
デイドリーム
投稿日時: 2017/6/1 16:09  更新日時: 2017/6/1 16:09
プラチナ
登録日: 2014/12/30
居住地: 海外
: 女性
投稿数: 4591
 RE: イギリスのお年寄りたちの生き方、そして最期
FreeScaleさん

再度のコメント有難うございます。

ヨットは、好きな人にとっては、たまらないでしょうね?
仲間とチャーターするというのは、よく聞きますね?

そういう仲間がいるということも、また素晴らしい!

ヨーロッパでは、ヨットの中で、重大な商談をしたりするということも聞いたことがあります。

ニースに行った時、イタリアに向かう海岸沿いには、それは、それは、超豪華なヨットが、何隻も、ハーバーに並んでおりました。

有名なロスチャイルドも、あの辺に住んでるらしいですね?
ポーカーフェイス
投稿日時: 2017/6/1 13:41  更新日時: 2017/6/1 13:41
プラチナ
登録日: 2015/3/8
居住地: 九州男児
: 男性
投稿数: 2432
 RE: イギリスのお年寄りたちの生き方、そして最期
デイさん

こんにちは^^;

そちらのお年寄りもご長寿なんですね。。
80代はもはや当たり前の時代でしょうか、、
先進国との格差はあるんですが。

わたしんちのローカル朝刊には、亡くなられた方の告知が広告に出ますが、(多分日本国内のローカル紙には出るはずですね)、、
毎日、事務所にいる時には最初にチェックします、、80代後半、90代、たまに100歳以上も、
昔は100歳以上の人が居たらマスコミに出てましたが、今は注目されないですからね、、

ワンちゃんのお写真観て、わが愛犬秀イチを思い出しました

お蘭ちゃん
投稿日時: 2017/6/1 9:33  更新日時: 2017/6/1 9:33
プラチナ
登録日: 2017/1/30
居住地: 京都
: 女性
投稿数: 1229
 RE: イギリスのお年寄りたちの生き方、そして最期
デイさん、こちら朝9時です。
イギリスの、風を感じる写真、ありがとうございます。何か、映画を観たようなストーリーです。
ビデオ屋に、お年寄りをメインにした、物語の物を、見つけると必ず借ります。本数も少ないけど、年相応に気になるし、感じることもあり、日本との違いもわかります。
ゴンキチなんか飼い犬っぽく見えるわね。
ヨーキーのペニー、20才くらい迄生きるかもね。
近所にヨボヨボのヨーキが、散歩してる。飼い主も、ヨボヨボのおじいさんやけど、微笑ましいよ。
庭があり緑や、花に溢れて素敵です〜
デイドリーム
投稿日時: 2017/6/1 6:33  更新日時: 2017/6/1 6:33
プラチナ
登録日: 2014/12/30
居住地: 海外
: 女性
投稿数: 4591
 RE: イギリスのお年寄りたちの生き方、そして最期
FreeScaleさん

いつもコメント有難うございます。

今は夜の11時頃でしょうか?
こちらは、10時半で、もうこれを書き終わったら寝ようかと思っているところです。

うちの裏の家、庭からも時々、子供の遊ぶ声、ボール遊びをする声、ボールがうちの庭に、よく飛んできます。
そのたびに投げ返してあげると、サンキューという声が聞こえてきます。垣根の向こうなので、姿は見えないけど、声だけ聞こえてきます。

ディンギーは、こちらでも、流行ってます!
ヨットを持ってるなんて、たいそうなお金持ちですね~
昔、牛窓で一度だけ、ヨットに乗ったことあります。
楽しかった~

コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
おすすめ情報
あなたのページへログイン
ユーザー名:

パスワード:
SSL  | パスワード紛失  | 新規登録
新規登録メンバー
ユーマン 男性 東京都
隆三 男性 愛知県
呉羽 女性 静岡県

Tomomin
女性 東京都
花菜 女性 神奈川
もたこ 女性 東京都
あんな 女性 大阪

莉奈
女性 大阪
入れずの三発 男性 徳島
秘密の花園 女性 大阪


PRコーナー
ハピスロ世代について このサイトの使い方 | メンバー登録 | 困ったときは | 事務局からのお知らせ | ご利用規約 | プライバシーポリシー | 会社概要 | 広告掲載に関して | お問い合わせ | リンク集
メンバーコンテンツ メンバー検索 | なかよし広場(コミュニティ) | ハピスロ日記(ブログ)写真投稿コーナー出会いの広場交流掲示板異世代交流サロン体のお悩み掲示板
お楽しみ情報 イベントカレンダーあれこれ気になる調査隊オススメ穴場スポット素敵にアンチエイジング歌声フォークソング懐かしの歌声ホール
趣味の情報 街歩き | 山歩き | ウォーキング・ジョギング | レシピ | グルメスポット | DIY/日曜大工 | 手芸 | 陶芸 | ダンス | 歌・カラオケ | 楽器
運営: アトムブラザーズ音楽出版株式会社 © 2012