40代・50代・60代・70代の友達作り・趣味探し・交流サイト

文字の大きさを変える
投稿者
starfish さんの日記
アクセス数: 74418 



カテゴリー
月表示
交流しよう
PR2
TOP  >  ハピブロ(日記・blog)  >  starfish  >  未分類  >  じっと足を見た夜

starfish さんの日記

 
2020
6月 9
(火)
09:28
じっと足を見た夜
本文
山手線の某駅前のビジネスホテルで時間潰しをしている。ラッシュの電車に乗りたくないのでもう少し待とうか。

今朝は娘が訳あって超早出なので、昨夜は会社近くのこのホテルを取った。ここはシングルの2名利用OKなので私もお供。
夫と2人きりの夜は変な気を起こされそうだから

普通のオトナなら始発で行くことになろうが
早出くらいで前泊はしないだろうが、娘は体質的な問題で無理ができない。

狭いベッドに並んで、スマホを弄っている娘の足をじっと見た。勤め人になってからは普通に靴を履いて出勤するので白いままの足。

大学生の頃はこの時期からいつもコール・ハーンの草履タイプのサンダルを履いていて日焼けした足に鼻緒のあとがそこだけ白かった。

初めてそれに気付いたとき、こみあげるものを抑えられなかった。

娘は一時期はかなり体調が悪く何年間も外出がかなり制限された。
車椅子だったり、私の肩を借りたりでやっと出かけていた時期もあった。
一生このままかも、の覚悟も必要だった。

それが日焼けするほどたくさん歩いて大学に通えている。
なんでもないことの幸せを白い鼻緒の跡が教えてくれた

今は元気いっぱいというわけにはいかないが
早出もなんとかこなしている。

友達がアクティブに青春をエンジョイしている時期に「1人自粛」を余儀なくされた娘はこの時期に意外にも屈強メンタルを発揮している。

さて、そろそろ電車は空いてきただろうか?



閲覧(223)
カテゴリー
投稿者 スレッド
starfish
投稿日時: 2020/6/10 17:01  更新日時: 2020/6/10 17:01
プラチナ
登録日: 2019/9/10
居住地: 東京
: 女性
投稿数: 1138
 RE: じっと足を見た夜
我路さん

狭いシングルベッドで足を絡めて寝るのは
同性ならではですよ

本人はいまだにわたしのサポートが必要な部分
少し不本意なようではありますが。
我路
投稿日時: 2020/6/10 5:31  更新日時: 2020/6/10 5:31
プラチナ
登録日: 2020/4/17
居住地: 神奈川
:
投稿数: 359
 RE: じっと足を見た夜
スタさん
おはようございます

娘さんとのその時間。
そういう時間は絶対に必要ですよね。
starfish
投稿日時: 2020/6/9 19:44  更新日時: 2020/6/9 19:44
プラチナ
登録日: 2019/9/10
居住地: 東京
: 女性
投稿数: 1138
 RE: じっと足を見た夜
ミカママさん  こんばんは

明吾さんのこと
親にとって子どもに先に逝かれるほどの地獄はありません。
ご家族にとって年少の家族を失うほどの悲しみはありません。

14歳の時、医師の楽観的な誤診によって容態が急変し、
すぐに連絡すると「お母さん大げさな」と冷笑しながらたしなめられましたがただごとではないと救急病院へ駆け込むと「1日様子を見ていたら危なかった」と言われました。

あのとき1日様子を見ていたら自分自身も誤診した医師も一生許せなかったでしょう。

病児の親が「こんな体に産んでごめんね」と懺悔するのをよく聞きますが私はそう思ったことはありません。

人と違う青春を過ごしながら彼女は自己肯定感いっぱいだからです。
女王様のように尊大で時にコノヤローと思うこともありますが私の誇りです。
starfish
投稿日時: 2020/6/9 19:27  更新日時: 2020/6/9 19:27
プラチナ
登録日: 2019/9/10
居住地: 東京
: 女性
投稿数: 1138
 RE: じっと足を見た夜
すずさん  こんばんは

私と娘はさばさばした関係ですが
体調を考えずに無理をするのだけは
迷惑がられようと見過ごせません。

彼女が病気になる前はいろいろ親としての欲もありましたが
すべてが我欲であったことを思い知らされました。
今はただ 生きていて笑ってくれることがうれしいです
ミカママ
投稿日時: 2020/6/9 18:45  更新日時: 2020/6/9 18:47
登録日: 2014/4/25
居住地: 東京都
: 女性
投稿数: 13179
 RE: じっと足を見た夜
starさん、こんばんは。

娘さんもお辛かったかも知れませんが、傍で見守るしか出来なかったstarさんもどれほどお辛かった事か。

私は独り身で子供もいませんが、姪を17歳で亡くしました。
葬儀の挨拶で人目を憚らず嗚咽を上げていた兄を見て、涙をこらえる事が出来ませんでした。
兄嫁は真っ青な顔で涙も枯れ、立つことがやっとの状態で、甥に支えられておりました。

親というものは良い時ばかりではないという事を、身に沁みて感じた出来事でした。

娘さんは立派に成長された強いお嬢さんです。
starさんの血を引いておられるのですから、地の底から這いあがって、これからも困難に立ち向かうでしょう。

どうぞこれからも寄り添って、素晴らしい関係でいてくださいね
すず
投稿日時: 2020/6/9 13:09  更新日時: 2020/6/9 13:09
プラチナ
登録日: 2014/12/16
居住地: 大阪府
: 女性
投稿数: 1750
 RE: じっと足を見た夜
starfishさん、こんにちは
ビジネスホテルに娘と二人でお泊まりされたんですね。早出の娘さんを思いやるスタさんの優しい親心が伝わります。娘さんとスタさん仲良しなんですね
子供が成長して社会人として働く姿を見た時、
私もこみあげる気持ちを感じました。
体調が悪い時期を乗り越えられた娘さんは頑張られ
たんですね。心温まるブログですね

コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
おすすめ情報
あなたのページへログイン
ユーザー名:

パスワード:
SSL  | パスワード紛失  | 新規登録
新規登録メンバー
かなやん 男性 愛知県
小百合 女性 大阪府
ca642 男性 東京都
hujiki 男性 東京都
真奈 女性 宮城県
eurasia 男性 奈良県
はちごろう 栃木県
時を超え隊 男性 岐阜県
ぬちぐすい 神奈川県
tomokazu 男性 千葉県


PRコーナー
ハピスロ世代について このサイトの使い方 | メンバー登録 | 困ったときは | 事務局からのお知らせ | ご利用規約 | プライバシーポリシー | 会社概要 | 広告掲載に関して | お問い合わせ | リンク集
メンバーコンテンツ メンバー検索 | なかよし広場(コミュニティ) | ハピスロ日記(ブログ)写真投稿コーナー出会いの広場交流掲示板異世代交流サロン体のお悩み掲示板
お楽しみ情報 イベントカレンダーあれこれ気になる調査隊オススメ穴場スポット素敵にアンチエイジング歌声フォークソング懐かしの歌声ホール
趣味の情報 街歩き | 山歩き | ウォーキング・ジョギング | レシピ | グルメスポット | DIY/日曜大工 | 手芸 | 陶芸 | ダンス | 歌・カラオケ | 楽器
運営: アトムブラザーズ音楽出版株式会社 © 2012
Notice [PHP]: Undefined index: image in file class/commentrenderer.php line 342