40代・50代・60代・70代の友達作り・趣味探し・交流サイト

文字の大きさを変える
投稿者
風まかせ さんの日記
アクセス数: 35395 



カテゴリー
月表示
交流しよう
PR2
TOP  >  ハピブロ(日記・blog)  >  風まかせ  >  未分類  >  日本人というのは

風まかせ さんの日記

 
2019
2月 12
(火)
18:33
日本人というのは
本文
知人のKさんから連絡があって、あわせたい人がいるという。

図書館広場の喫茶店で会った。
Kさんは、連れ立ったAさんをぼくに紹介しながら
「むかしの日本人みたいでしょう」と言った。
「むかしの日本人」というとぼくは、鬼籍の父とその仲間ぐらいしか知らない。

Aさんは、いかにも誠実そうで、きまじめそうで、無口である。

仕事で東南アジアを旅しているときにベトナムで知り合ったBさんを思い出している。
この人は、太平洋戦争のあと、そのままベトナムに居つづけた。
戦中は地上勤務の航空兵で、元陸軍曹長だったという。

終戦のあとベトナム独立運動にまきこまれ、ベトナム人と寝食をともにした。その後、現地でお嫁さんをもらい、土着した。

この人と、酒を飲みながら夕食をともにした。
相撲の親方にいそうな風格の人で、いつも小さく笑っていた。
おそらく父と同世代のようにみえた。
たとえば、ぼくが子どものころに田畑や店先にいたおじさんの一人と話しているようであった。
むかしの日本人を封じ込めているようであった。

ぼくがイメージとしてきめこんでいる日本人というのは、職種にかかわらず職人型である。
律儀でもある。自分の職分については責任感強く、基本的に寡黙でケレンがない。

情景としていうと、電車ががら空きに空いていても、ひと隅に座り、肩身を小さくして、膝をそろえている。

いまの日本の平均的な印象はどうだろう。
問われたKさんは、自分をふくめて、ぜんたいに水っぽくなり、自我が大きくひろがっているわりには、責任感が希薄そうになったのではないだろうか、とこたえた。

ぼくは、戦前の人をよしとしているわけでもないし、日本人論を語るチカラもない。

父が生きているとき、兄と口争いしたことがある。
すると父は、むかしの日本人は口説(くぜつ)は、あまり言わないものだった、

そうだな、「腹がへったな」ということぐらいのことしか、言わなかったような気がするな。
と、たしなめられた。



恋を知る少女となり春めいて 風来




閲覧(132)
カテゴリー
投稿者 スレッド
風まかせ
投稿日時: 2019/2/14 20:26  更新日時: 2019/2/14 20:26
プラチナ
登録日: 2018/7/11
居住地: 東京都
: 男性
投稿数: 428
 RE: 日本人というのは
こんばんは おらこさん
コメントをありがとうございます。

かつて亡父にきいたはなしですが、父が子どものころ、百貨店のエレベーターの前で、ていねいに草履ぬいでなかに入ってゆく老婦人をみたといいます。

日本では、履物をぬぐことのほうが、相手に対する礼儀だと思ったのでしょう。

新幹線のなかで、亡母はまわりに乗客がすくないのをみて、そっと靴をぬいだそうで、父にもぬぐことをすすめたそうです。

これも、ブログの趣旨とはことなる「日本人らしさ」の一つだと思います。
orako
投稿日時: 2019/2/13 21:31  更新日時: 2019/2/13 21:31
プラチナ
登録日: 2017/1/17
居住地: 岡山県
: 女性
投稿数: 1999
 RE: 日本人というのは
こんばんは  風さん

知人の中にも、日本人の民度が下がると日々嘆いている人がいます。

私には正直、日本人の民度ってなんだか分かりません。
私は祖父の存在を知りません。生まれた時には既に他界しており、祖母が家長として君臨しておりました。
県で未亡人会の会長をしたり、名誉町民であったりする豪傑な祖母。地域の福祉に邁進していました。父以外全員女性の6人家族で育ったせいか父の存在が薄く、気骨のある男性像もよくわからず・・・・。

日本人らしさって、なんなのでしょうか。
クリスチャンとして生きていると、それを考えることも無くなります。

大切なことですね。
じっくり考えてみます。
風まかせ
投稿日時: 2019/2/13 20:45  更新日時: 2019/2/13 20:45
プラチナ
登録日: 2018/7/11
居住地: 東京都
: 男性
投稿数: 428
 RE: 日本人というのは
こんばんは きぼうの星さん
コメントをありがとうございます。


日本人であることが嫌になることがあります。

口にするのもくるしいことですが、小4児童虐待死や、五輪担当相の心ない発言などなど、ぼくのなかで、日本人像が音を立てて崩れていくものですから、すがるおもいで「むかしの日本人」によりどころをもとめてみました。

「むかしはよかった」的なことではなく、このままでいいのか、という危機感をもって考えてみました。
きぼうの星さんのような「エピソード記憶」のなかにも、ほんとうの日本人像がみえるように思います。
風まかせ
投稿日時: 2019/2/13 20:40  更新日時: 2019/2/13 20:40
プラチナ
登録日: 2018/7/11
居住地: 東京都
: 男性
投稿数: 428
 RE: 日本人というのは
こんばんは ミカママさん
コメントをありがとうございます。

じつに多くの職人たちは、その名を留めずに、この世を去ってゆきますが、

彼らが残した仕事のなかに、その魂が生きているように、むかしの人たちに、日本人像をみつけたいと思いました。
きぼうの星
投稿日時: 2019/2/13 7:16  更新日時: 2019/2/13 7:16
プラチナ
登録日: 2015/12/7
居住地: 長野県
: 女性
投稿数: 3854
 RE: 日本人というのは
おはようございます♪

日本人とは・・
語れるほどの私ではありませんが・・

亡くなった兄が生前にこんな話をしてくれました
父親が兄(小さな時)を連れて山仕事に行った時マムシがとぐろを巻いていて、兄をめがけた瞬間
父親が自分の手に噛ませ、一瞬の間にナタで噛み付いた部分をそぎ取った事❗️

父は明治の生まれ・・
夕方になると我が家に山の職人さん達が集まり労って七輪で焼いた焼き鳥をツマミに、飲み交わしていた姿を思い出します。

お嫁に行った先も明治生まれの姑との生活に、今とは全く違う、明治の人の気骨を感じた事は確かです。
明治、大正、昭和、平成、そして??・・時代の流れに日本人の本質も、薄らいでいくような気がしてなりません
ミカママ
投稿日時: 2019/2/13 0:17  更新日時: 2019/2/13 0:17
登録日: 2014/4/25
居住地: 東京都
: 女性
投稿数: 11745
 RE: 日本人というのは
こんばんは。

歯痛で思考回路が停止しています。

私も日本人と言うと、職人さんを思います。
寡黙で勤勉で真面目で努力家、かといって自分勝手ではなく、口には出さなくても、さりげない優しさを持っていて、そんな自分に照れる。

最近特にそのような人に惹かれます。

そうだ!
宮沢賢治の雨にも負けずの人に・・・

コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
おすすめ情報
あなたのページへログイン
ユーザー名:

パスワード:
SSL  | パスワード紛失  | 新規登録
新規登録メンバー
HiroG 男性 神奈川県
ライラック 女性 茨城県
男性 東京
かるぴす 神奈川
エース 男性 神奈川
ぱお 男性 東京都
ちは 女性 静岡県

船団長
東京
はなもも 男性 愛知県
タカユキ 愛知


PRコーナー
ハピスロ世代について このサイトの使い方 | メンバー登録 | 困ったときは | 事務局からのお知らせ | ご利用規約 | プライバシーポリシー | 会社概要 | 広告掲載に関して | お問い合わせ | リンク集
メンバーコンテンツ メンバー検索 | なかよし広場(コミュニティ) | ハピスロ日記(ブログ)写真投稿コーナー出会いの広場交流掲示板異世代交流サロン体のお悩み掲示板
お楽しみ情報 イベントカレンダーあれこれ気になる調査隊オススメ穴場スポット素敵にアンチエイジング歌声フォークソング懐かしの歌声ホール
趣味の情報 街歩き | 山歩き | ウォーキング・ジョギング | レシピ | グルメスポット | DIY/日曜大工 | 手芸 | 陶芸 | ダンス | 歌・カラオケ | 楽器
運営: アトムブラザーズ音楽出版株式会社 © 2012
Notice [PHP]: Undefined index: image in file class/commentrenderer.php line 342