40代・50代・60代・70代・80代の友達作り・趣味探し・交流サイト

アルツパンチ
文字の大きさを変える
投稿者
サンシャイン2 さんの日記
アクセス数: 99 



カテゴリー
月表示
交流しよう
PR2
TOP  >  ハピブロ(日記・blog)  >  サンシャイン2  >  未分類  >  あのころのギターの選択

サンシャイン2 さんの日記

 
2018
7月 12
(木)
20:20
あのころのギターの選択
本文
まだ20代のころ、吹奏楽で音楽を知り
トランペットを7年、そしてクラシックギターを
ふたりの先生に師事。

独身最後に、これ一台というギターを
何にするか迷った。
専門はクラシックギター。
でも、その時、遊びでスチール弦で弾くクラシックの面白さも知っていた。
当時、フォークギターは伴奏しかなかった。
まさか、いま、スチール弦を張ったギターで
さまざまな音楽を弾くなんて考えられずに
日本の初代ギター職人のギターを買った。
そのギターは芸術品であり、音もストレートに伸び
簡単な練習曲でも、ものすごくよく聞こえた。

それから、数十年が過ぎ、練習する時間もなく
音の大きさに、悲しいけれど手放してしまった。
いまでは百万円の値がつくほど。
でも、その中古楽器店員にどんな方が買われたましたかと聞いたところ、音楽の先生だそうです。
その言葉に胸をなでおろした。

でも、あの時代、アメリカのマーチンD-45とD35は
そのクラシックギターとほぼ同じくらいの金額。

現在は、クラシックも弾きますが、主は押尾コータローさんのような弾き方。
あの時、まさか、こんな弾き方をしているなんて
思わなかった。
もし、知っていたなら、マーチンD45を買っていたかも知れない。確かハードケースはブルーケースだったような気がするし、ハカランダでなくても、見事な良質のローズウッドだったような気がする。
いまでは、とても買えない。
閲覧(26)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
おすすめ情報
あなたのページへログイン
ユーザー名:

パスワード:
SSL  | パスワード紛失  | 新規登録
新規登録メンバー

司書
男性 神奈川県
おおやまトンボ 男性 神奈川県
はつね 女性 千葉県
ぷらぷらちなむ 男性 東京都

kei-chan
男性 神奈川県
TOBBY 男性 大阪府
山田静 男性 埼玉県
ざるば 男性 東京都
先さん 男性 広島県
まさ 7 男性 大阪府
PRコーナー
ハピスロ世代について このサイトの使い方 | メンバー登録 | 困ったときは | 事務局からのお知らせ | ご利用規約 | プライバシーポリシー | 会社概要 | 広告掲載に関して | お問い合わせ | リンク集
メンバーコンテンツ メンバー検索 | なかよし広場(コミュニティ) | ハピスロ日記(ブログ)写真投稿コーナー出会いの広場交流掲示板異世代交流サロン体のお悩み掲示板
お楽しみ情報 イベントカレンダーあれこれ気になる調査隊オススメ穴場スポット素敵にアンチエイジング歌声フォークソング懐かしの歌声ホール
趣味の情報 街歩き | 山歩き | ウォーキング・ジョギング | レシピ | グルメスポット | DIY/日曜大工 | 手芸 | 陶芸 | ダンス | 歌・カラオケ | 楽器
運営: アトムブラザーズ音楽出版株式会社 © 2012