40代・50代・60代・70代の友達作り・趣味探し・交流サイト

文字の大きさを変える
投稿者
デイドリーム さんの日記
アクセス数: 420332 



カテゴリー
月表示
交流しよう
PR2
TOP  >  ハピブロ(日記・blog)  >  デイドリーム  >  未分類  >  一人は、やっぱり淋しい。。。(2年前の日記)

デイドリーム さんの日記

 
2019
12月 2
(月)
02:50
一人は、やっぱり淋しい。。。(2年前の日記)
本文
今日は元旦、なのに、なんだか、お正月という気がしない。
昨日も、今日も、毎日、雨、雨、雨、

去年の元旦も雨だった。

元旦が晴れてたのは、本当に僅かだったような気がする。
この時期を乗り切るのは、本当に大変。

去年は、ピアノの生徒さんだったフラメンコダンサーのヘレーナのお宅に招かれて、すごく豪華なお家で、素晴らしい料理のもてなしを受けた。

そんな彼女も忙しすぎて、(公演で、スペインとイギリスを行ったり来たり)ピアノのレッスンには、
来れなくなってしった。

昨日は、大晦日で、エビの天ぷらを揚げて、年越しそばを作った。
でも、日本式の大掃除は省いた。雨だし、暗くて、大掃除する気分にはなれない。
窓を開けることも出来ないくらいだし。

大体、イギリスでは、大晦日に大掃除などしないという。
暗くて、埃も見えないし、こちらでは、Spring Cleaningと言って、春に大掃除をするらしい。

確かに~~!(^^)/
お天気の日は、すごく埃が目立って、掃除しなきゃ!って気分になるけど、このお天気では(・_・;)

元旦も、お雑煮もどきを作ろう、と思っていたけど、作る気が起こらなくて、結局、夫が朝から、
美味しそうなスコーンをチャチャチャと、オーブンで焼き上げてしまった。

日本式のお正月も、ここでは、なしで、いいか~って、気になって来た。(;^_^A

夫は、12月30日に、サマーセットから帰ってきた。
夫が、帰って来た途端、ほっとして、嬉しくなり、思わずハグ!(^^)/

やはり、一人で、ここにいると、とてつもなく淋しい。

夫が不在の間(3泊4日)一人で食べる晩御飯は、わびしいものだった。

まして、日本のテレビなどが観られたら、少しは気も紛れるだろうけど。

その反面、好きな時に食べて、好きな時に、片づけて、好きな時に寝て、時間が、
いっぱい余ってきた。(#^.^#)

好きな事、し放題!(^^)/ な、はずなのに、何もする気になれない。(・_・;)

全部、自分ひとりの時間!(^^♪ な、はずなのに、楽しくない。(・_・;)

ご飯のメニューや、料理のことや、後片付けも、考えなくていい!(手抜き料理だから)
残り物で、夕ご飯も済ませた。

でも、何となく侘しい~~(・_・;)

さて、何をしようか?( ̄▽ ̄;)

夜になり、ベッドルームの窓を眺めていると、2年前の今頃の季節に見た夢なのか、現実なのか、わからない光景を思い出す。

嵐の夜だというのに、小さな男の子が、門の所に立って、こちらを、じっと見ている光景。

(過去ブログ、「奇妙な出来事」を参照ください)

私は、やはり同じ場所から、カーテンの隙間から、男の子が、何をしてるのか見てる。
あの子は、現実だったのか?それとも、夢だったのか?

夢にしては、あまりにも、現実的だし、嵐の夜中に、小さな男の子が、立ってるなんてあり得ない。
思い出すと、ちょっと、不気味な感じが、した。
もし、また、あの男の子が、立ってたとしたら、こわ~~い!(゚Д゚;)

夫は、行く途中、車が、泥沼に、はまって、抜け出そうと大変だったそうだ。
結局、息子に電話して、迎えに来てもらい、車のレスキューの人が来るまで、息子の家で、
待機していたそうだ。

でも、交通事故なんかに遭わなくて良かったと、ほっとしている。
サマーセットまで、最短の時間でも4時間かかるのだ。
通常は、6時間から8時間かかる。

ブログでは、憂さ晴らしに、夫の悪口書いたりなんかしているが、そのせいで、他人様は、夫が
酷い人のように誤解をされることもあるようだ。

今年は、ブログに、ネガティブな事を書かないようにしようと思うけど、こればかりは、どうなるやら。。

でも、夫の気が短いのは確かだけど、これは、持って生まれた性格、治らないだろうな。。。(;^_^A

それでも、やはり、夫は、私にとって、かけがえのない人なのだ。
第一、私みたいな者でも、我慢して、一緒に生活してくれる人というのも、そうそういないだろうし。

喧嘩したり、そのたびに、切れやすい夫に腹を立てたりするけど、そばに、いてくれることに
感謝している。

結婚をするのは、簡単かもしれないけど、それを維持し続けると言うのは、やはり困難が付きまとう。

でも、一人よりも、二人で、生きていけたらと思うのです。

人は、いずれ、一人きりになってしまう。

その時の覚悟を持って、生きて行く必要があると思うが、今は、パートナーがいてくれて、自分をサポートしてくれることが、有り難いなと思っている。

ひとりだと、限りなく鬱になってしまいそう!

子供夫婦に元旦の挨拶をしようと電話したけど、電話にでない。
「メールは読まないから、電話にして」と言われて、電話を何度もするけど、するけど、出ない。

海外に住む、ばあさんのことなど、考えていられないのだろうとは思うけど、やっぱり淋しいな。
たった一人の息子なのに。

子供は、自分たちの生活を成り立たせるので、精一杯なので、あてにしては、いけないのだと、自分に言い聞かせている。日本に帰って、近くに住んでも、会ってくれるとは限らない。

果たして、自分は、イギリスの老人のように、年とっても、自立して生きて行けるか?
こちらの老人は、子供をあてにしないで、自立している人が、本当に多いのに驚く。

ここでは、成人した子供と親の同居というのは、滅多に、お目にかかったことがない。
でも、週末ごとに、親を訪ねるという親孝行な人達は、大勢いるけど。

私自身、老後のこと、終活も、考えなければならない年齢になり、今後の身の振り方も、少しずつ、考えて行かなければならない。




閲覧(891)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
おすすめ情報
あなたのページへログイン
ユーザー名:

パスワード:
SSL  | パスワード紛失  | 新規登録
新規登録メンバー
浩一朗 男性 神奈川県
ゅか 女性 福島県
稀楽 日本
Quilt 女性 北海道
mimosa 女性 神奈川県
nicethy Female Toyko

あまりりす
岡山

mosh
必要か 神奈川県
男性 横浜
まちる 女性 大阪


PRコーナー
ハピスロ世代について このサイトの使い方 | メンバー登録 | 困ったときは | 事務局からのお知らせ | ご利用規約 | プライバシーポリシー | 会社概要 | 広告掲載に関して | お問い合わせ | リンク集
メンバーコンテンツ メンバー検索 | なかよし広場(コミュニティ) | ハピスロ日記(ブログ)写真投稿コーナー出会いの広場交流掲示板異世代交流サロン体のお悩み掲示板
お楽しみ情報 イベントカレンダーあれこれ気になる調査隊オススメ穴場スポット素敵にアンチエイジング歌声フォークソング懐かしの歌声ホール
趣味の情報 街歩き | 山歩き | ウォーキング・ジョギング | レシピ | グルメスポット | DIY/日曜大工 | 手芸 | 陶芸 | ダンス | 歌・カラオケ | 楽器
運営: アトムブラザーズ音楽出版株式会社 © 2012