40代・50代・60代・70代の友達作り・趣味探し・交流サイト

文字の大きさを変える
投稿者
デイドリーム さんの日記
アクセス数: 424337 



カテゴリー
月表示
交流しよう
PR2
TOP  >  ハピブロ(日記・blog)  >  デイドリーム  >  未分類  >  ミリーとゴンキチ 2年前の日記

デイドリーム さんの日記

 
2019
6月 19
(水)
01:01
ミリーとゴンキチ 2年前の日記
本文
ボランティアで、毎週土曜日、ルーティンワークとして、犬(コッカプー)のお散歩に行ってた。
サマーセットから帰って来た翌週、先週の土曜日、いつものように、ミリーのお散歩に行こうと思い、確認の電話をした。
Disable(身体障害者)の奥さんが電話口に出てきて、ご主人のウィリアムさんが、ホスピスに入ったので(ご主人は、いくつもの癌を抱えて、闘病しながら、自宅で暮らしていた)犬は娘さんが引き取ったとのこと。

ショックだった。
いつ行っても、ご主人は、しんどそうな様子をしながら、でも時々は、笑顔を見せて、犬を玄関口まで、連れて来るのだった。
家の中に入ってもらいたくない様子だったから、家の中の事は、わからない。

トイレを借りたことはあるが、洗面台にモルヒネなどが常時、置いてあったりして、相当、具合が悪いのだろうと想像はしていた。

それにしても、ミリーにもう会えないなんて!もう、あの森を一緒に歩くことがないなんて。
ちょうど、ミリーを散歩し始めたのは、去年の今頃だった。

ボールを投げると、いつも私の所に持ってきた。夫には、決して渡そうとしないで、いつも、私にすり寄ってくる犬だった。
そして、いつも飛びついてきて、森の中で一緒にダンスをしたものだった。

いつものルーティンワーク。
寒い日も雨の日も、ハアハア言いながら、森を歩いた。
足腰を鍛える意味でも、自分のエキササイズのためにも、頑張って歩いた後は、充実感があった。

怠け者の私は、犬の散歩がなかったら、雨の日や、寒い日など、外へ出なかっただろう。

庭のバラは、今が満開だ。

キツネのゴンキチには、新しい家族が出来た。
このところ、朝から餌をねだりにやってくることがある。
堂々と、私のそばまで、近づいてくることもある。

近所の野良猫と、遊んでいたら、ゴンキチが、やってきて、私たちの様子をそっと見ていた。
ネコもキツネも、お互いに、気にしていない様子だった。

これが、犬だったら、絶対に、キツネを追いかけて行くだろうけど。
そして、何か食べ物を上げると、ゴンキチは、それを、食べないで、子供のために、巣に持って帰る様子だ。

夜中に道路で、子ぎつねたちと遊んでるゴンキチを見たこともある。
じゃれあって、仲睦まじい親子と言う感じだ。

このところ、ゴンキチが妙に痩せてると思ったら、餌を子供に、あげるためなんだ。

人間でも、いや、人間だからか?
ネグレクトとか、虐待とか、あるっていうのに。

私は動物の世界では、母親だけが、子供を守るのだと思っていた。
でも、ゴンキチは、父親として、一家を守ってる様子だった。

今日は雨、庭の片隅で、ゴンキチを見つけた。
そして、ゴンキチだけではなかった。
ゴンキチの背中の向こうには、子ぎつねがいた。
二匹で、まるまっていた。
あと一匹は、母親が守ってるのだろうか?




閲覧(889)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
おすすめ情報
あなたのページへログイン
ユーザー名:

パスワード:
SSL  | パスワード紛失  | 新規登録
新規登録メンバー
ユリア 女性 千葉県
まいす 男性 福岡県
シロ 男性 和歌山県
みらく♪ 女性 神奈川県

きりぎりすの生活
男性 東京
みつぐ 男性 三重県
たんち 男性 愛知県
はる乃 愛知県
メダカ 男性 愛知県
サム* 男性 岐阜


PRコーナー
ハピスロ世代について このサイトの使い方 | メンバー登録 | 困ったときは | 事務局からのお知らせ | ご利用規約 | プライバシーポリシー | 会社概要 | 広告掲載に関して | お問い合わせ | リンク集
メンバーコンテンツ メンバー検索 | なかよし広場(コミュニティ) | ハピスロ日記(ブログ)写真投稿コーナー出会いの広場交流掲示板異世代交流サロン体のお悩み掲示板
お楽しみ情報 イベントカレンダーあれこれ気になる調査隊オススメ穴場スポット素敵にアンチエイジング歌声フォークソング懐かしの歌声ホール
趣味の情報 街歩き | 山歩き | ウォーキング・ジョギング | レシピ | グルメスポット | DIY/日曜大工 | 手芸 | 陶芸 | ダンス | 歌・カラオケ | 楽器
運営: アトムブラザーズ音楽出版株式会社 © 2012